かわせみ流日本料理
最新情報

御宿かわせみ
味便り

撮りなおしました♪

2017年06月24日

撮りなおしました♪

             
再来月、8月の吟味特撰 【 利尻黄金雲丹 夏の贅 】 の写真を 撮影しなおしました!! これまでの写真だとお伝えしきれていなかった料理の魅力、素材の素晴らしさを ご覧いただき、感じていただける写真になりました♪ もちろん、料理名も内容も同じ♪ ですが・・・かなりグレードアップされています! DMをお持ちの皆様、是非見比べてみてください♪

五感全てでご賞翫いただきたい御宿かわせみ最大の魅力。

御宿かわせみ最大の魅力は「料理とおもてなし」であると創業当初より強く思い、
こだわってまいりました。
特に料理に関しては、常に御宿かわせみ流を意識し、
他にはない私共ならではの口福をご堪能いただくべく日々精進しております。

伝統と創意工夫を融合したその集大成が月毎のスペシャリテ「吟味特撰」です。
そして、吟味特撰を軸に、前後の味、食感、温度、色彩、器、それぞれの繋がり、バランス、
足し引きを意識して献立を構成します。

箸染め、先付、椀という前段から始まり、季節の山海の味わいを盛り込んだ前菜、
月毎の吟味特撰と進み、進肴や酢物、食事、デザートの後段に至るまで、
心地よいメロディーのように続いて行きます。
ここではその一端をご紹介させていただきます。

かわせみ流日本料理を堪能する

  • 一、前段料理
  • 二、前菜
  • 三、椀
  • 四、吟味特撰
  • 五、後段料理

一、前段料理

始まりは春夏秋冬の旬を愉しむ味わいの数々。

それはまるで物語のプロローグのようなときめきに満ちています。
驚きの一皿もあれば、中には記憶に残らないような、ふっと消える一皿もあります。
お越しいただく月々に、違った始まりをお楽しみください。

二、前菜

日本の季節文化を五感すべてで

折々の節句にちなんだ器、演出に日本文化を感じていただける御宿かわせみ流前菜。
美味しさはもちろんのこと、ワクワク感も感じられる楽しい盛り合わせです。
日本の季節文化とともに五感で味わっていただきたいと存じます

雛の宴の盛り合わせ雛の宴の盛り合わせ
雛の宴の盛り合わせ二段目雛の宴の盛り合わせ二段目
雛の宴の盛り合わせ三段目雛の宴の盛り合わせ三段目

春の前菜一例

花火楽し盛り合わせ 花火楽し盛り合わせ

夏の前菜一例

暮秋の盛り合わせ暮秋の盛り合わせ
暮秋の盛り合わせ暮秋の盛り合わせ

秋の前菜一例

師走の盛り合わせ 師走の盛り合わせ

冬の前菜一例

三、椀

日本料理の花形椀物

四季の風味豊かな味わいを、料理人渾身の椀で表現いたします。
繊細で優しい出汁の薫りと奥深い味わいをじっくりご堪能ください。

1.椀ずわい蟹しんじょう蟹味噌射込椀1

2.はまぐり椀2

3.はまぐりフカヒレ潮仕立椀3

4.あいなめ葛打椀4

1.椀ずわい蟹しんじょう蟹味噌射込椀 / 2.はまぐり椀 / 3.はまぐりフカヒレ潮仕立椀 / 4.あいなめ葛打椀

四、吟味特撰

その年その月、限定の一品 素材の滋味を活かしたご馳走を

  • 六月の吟味特撰
  • 七月の吟味特撰
  • 八月の吟味特撰
  • 六月の吟味特撰

    あおりいか黒あわびと障泥烏賊
    昆布〆グアンチャーレの熱板焼

    六月の吟味特撰 黒あわびと障泥烏賊(あおりいか)昆布〆グアンチャーレの熱板焼

    御宿かわせみらしさ全開の特撰!

    夏旬の黒アワビと障泥烏賊。浅昆布〆にしたグアンチャーレとともに熱板で瞬焼にします。グアンチャーレとは上質の豚の頬肉の塩漬のこと。極上のイベリコ生ハム(レセボ)とともに旬の黒アワビと障泥烏賊に纏わせます。熱板にのせることでグアンチャーレは透き通り、程よく溶け、黒アワビと障泥烏賊にコクと香る旨さを与えてくれます。仕上げに黒アワビには鮑肝サバイヨン、障泥烏賊にはイカ墨黄味だれを垂らして完成。なんとも美味しく後引く一品です。

    吟味特撰とは...

    御宿かわせみ最大の魅力は料理です。これまで以上に食材を吟味し、厳選し、旬の旨さはもちろん、安全、安心な極上素材を全国各地、世界中から取寄せ、食材の滋味を活かした献立を開発し御案内申し上げます。
    その年その月限定の吟味特撰は、他では味わえない御宿かわせみならではの一皿でございます。料理人がお客様への感謝を込めて生み出した渾身の献立をご堪能くださいませ。きっとご満足いただけることと存じます。

    六月のかわせみ流の一品 冬瓜うなぎ山椒ジェリー

    六月のかわせみ流の一品冬瓜うなぎ山椒ジェリー

  • 七月の吟味特撰

    岩牡蠣と仙台牛
    会津アスパラ翡翠に浮かべて

    七月の吟味特撰 岩牡蠣と仙台牛 会津アスパラ翡翠に浮かべて

    海と山、最高の組み合わせ!

    夏に一度は食べたい岩牡蠣。大ぶりで張りがあり、癖がなくクリーミーであることが極上物の証し。合わせるのは仙台牛。今注目のブランド牛です。岩牡蠣との相性の良さは抜群です。温めた器に会津産の新鮮なアスパラをふんだんに使った翡翠とろみをたっぷり。そこへ、ぷっくり焼き上がった岩牡蠣と絶妙な火通りの仙台牛。会津アスパラ翡翠のまろやかでなめらかな味わいに浮かぶ海と山の滋味。余韻の残る美味しさをご堪能ください

    吟味特撰とは...

    御宿かわせみ最大の魅力は料理です。これまで以上に食材を吟味し、厳選し、旬の旨さはもちろん、安全、安心な極上素材を全国各地、世界中から取寄せ、食材の滋味を活かした献立を開発し御案内申し上げます。
    その年その月限定の吟味特撰は、他では味わえない御宿かわせみならではの一皿でございます。料理人がお客様への感謝を込めて生み出した渾身の献立をご堪能くださいませ。きっとご満足いただけることと存じます。

    七月のかわせみ流の一品 鱧白扇揚 夏野菜トマトの酸味

    七月のかわせみ流の一品鱧白扇揚
    夏野菜トマトの酸味

  • 八月の吟味特撰

    利尻黄金雲丹
    夏の贅

    八月の吟味特撰 利尻黄金雲丹 夏の贅

    利尻雲丹の魅力を存分に!

    八月の特選素材といえば利尻雲丹です。小粒で黄金に輝き、甘く濃厚な味わいが特徴の利尻雲丹を、今回は温かくお召し上がりいただきます。アオサと水茄子をフランのようにふんわり焼き上げ、そこへ利尻雲丹をたっぷりのせます。加えて汲上湯葉、車蝦、帆立を彩り豊かに盛り込みます。仕上げに熱々の琥珀餡をかけると、その余熱で利尻雲丹に程よく熱が加わり甘さが際立ちます。2017年8月限定、他では味わえない雲丹料理です。

    吟味特撰とは...

    御宿かわせみ最大の魅力は料理です。これまで以上に食材を吟味し、厳選し、旬の旨さはもちろん、安全、安心な極上素材を全国各地、世界中から取寄せ、食材の滋味を活かした献立を開発し御案内申し上げます。
    その年その月限定の吟味特撰は、他では味わえない御宿かわせみならではの一皿でございます。料理人がお客様への感謝を込めて生み出した渾身の献立をご堪能くださいませ。きっとご満足いただけることと存じます。

    八月のかわせみ流の一品 もろこしブッラータすり流し

    八月のかわせみ流の一品もろこしブッラータすり流し

  • 牡丹海老と焼茄子の胡麻餡

    牡丹海老と焼茄子の胡麻餡

  • からすみ道明寺

    からすみ道明寺

  • 焼よもぎ荅冨

    焼よもぎ荅冨

  • 桜鯛茶漬

    桜鯛茶漬

  • すっぽん煮こごり

    すっぽん煮こごり

  • 天然鮎塩焼き

    会津丸茄子と岩手南牛の自家製黒大蒜とろみ

  • 天然すずき 翡翠酢かけ

    天然すずき 翡翠酢かけ

  • 天然鮎塩焼き

    天然鮎塩焼き

  • 寄せ毛蟹

    寄せ毛蟹

  • 菊の美味酢浸し

    菊の美味酢浸し

  • 甘鯛若狭焼き

    甘鯛若狭焼き

  • 虎ふぐ湯引き

    虎ふぐ湯引き

  • 仙台牛蕪蒸し

    仙台牛蕪蒸し

  • 天然鮎塩焼き

    天然鮎塩焼き

  • 焼穴子と金柑の紫咲和え

    焼穴子と金柑の紫咲和え

  • のどぐろ山椒焼の会津蕪擂り流し

    のどぐろ山椒焼の会津蕪擂り流し

鯛子と蕗の炊き合せ
早春の白扇揚げ
本わらび餅
桜鯛茶漬
胡麻荅冨
会津丸茄子と岩手南牛の自家製黒大蒜とろみ
天然すずき 翡翠酢かけ
天然鮎塩焼き
牡蠣とずわい蟹の陶釜
菊の美味酢浸し
寄せ毛蟹
焼き鯖飯蒸し
牡蠣茶碗蒸し
天然鮎塩焼き
のどぐろ蕪蒸し
いちごケーキ

五、後段料理

献立全体の余韻と締めくくり

吟味特撰に続く料理は、献立全体の余韻を味わっていただくよう構成しています。
進肴、酢物、締めくくりの食事とデザートへ、ゆっくりと夕餉のひとときとは続いて行きます。
心地よい満腹感とともに、思い思いの旅の夜をお楽しみください

朝 食

「元気になる料理」その締めくくり

御宿かわせみ流日本料理は「元気になる料理」その本当の意味での締めくくりは朝食です。
朝の活力は美味しい朝食から と言われるように、元気になれるそしてどこか懐かしい味。
そんな朝食の一品一品を召し上がって頂き、心から体から元気になってくださいませ。

朝 食