かわせみ流日本料理
最新情報

御宿かわせみ
味便り

信楽もみじ大皿

2019年10月16日

信楽もみじ大皿

           
ブログ更新がないことでご心配のお声をいただきました。 台風19号の甚大な被害を受けている地域が多い中、更新をためらっておりました。 ご心配ありがとうございます! おかげさまで当館は元気に営業しております! 甚大な被害を受けた方々に、改めて心よりお見舞い申し上げます。
       
今日からまた少しずつブログを出していきたいと思います。
               
新しい器が出来上がってきました。 現在放送中の朝ドラ『スカーレット』の舞台、信楽焼です。
                 
信楽 もみじ大皿
                              
舞い散って地面に広がる敷き紅葉を表現した信楽の皿。 無骨でずっしりした質感と醸し出す存在感に惹かれました♪                

五感全てでご賞翫いただきたい御宿かわせみ最大の魅力。

御宿かわせみ最大の魅力は「料理とおもてなし」であると創業当初より強く思い、
こだわってまいりました。
特に料理に関しては、常に御宿かわせみ流を意識し、
他にはない私共ならではの口福をご堪能いただくべく日々精進しております。

伝統と創意工夫を融合したその集大成が月毎のスペシャリテ「吟味特撰」です。
そして、吟味特撰を軸に、前後の味、食感、温度、色彩、器、それぞれの繋がり、バランス、
足し引きを意識して献立を構成します。

箸染め、先付、椀という前段から始まり、季節の山海の味わいを盛り込んだ前菜、
月毎の吟味特撰と進み、進肴や酢物、食事、デザートの後段に至るまで、
心地よいメロディーのように続いて行きます。
ここではその一端をご紹介させていただきます。

かわせみ流日本料理を堪能する

  • 一、前段料理
  • 二、前菜
  • 三、椀
  • 四、吟味特撰
  • 五、後段料理

一、前段料理

始まりは春夏秋冬の旬を愉しむ味わいの数々。

それはまるで物語のプロローグのようなときめきに満ちています。
驚きの一皿もあれば、中には記憶に残らないような、ふっと消える一皿もあります。
お越しいただく月々に、違った始まりをお楽しみください。

二、前菜

日本の季節文化を五感すべてで

折々の節句にちなんだ器、演出に日本文化を感じていただける御宿かわせみ流前菜。
美味しさはもちろんのこと、ワクワク感も感じられる楽しい盛り合わせです。
日本の季節文化とともに五感で味わっていただきたいと存じます

雛の宴の盛り合わせ雛の宴の盛り合わせ
雛の宴の盛り合わせ二段目雛の宴の盛り合わせ二段目
雛の宴の盛り合わせ三段目雛の宴の盛り合わせ三段目

春の前菜一例

花火楽し盛り合わせ 花火楽し盛り合わせ

夏の前菜一例

暮秋の盛り合わせ暮秋の盛り合わせ
暮秋の盛り合わせ暮秋の盛り合わせ

秋の前菜一例

師走の盛り合わせ 師走の盛り合わせ

冬の前菜一例

三、椀

日本料理の花形椀物

四季の風味豊かな味わいを、料理人渾身の椀で表現いたします。
繊細で優しい出汁の薫りと奥深い味わいをじっくりご堪能ください。

1.ずわい蟹しんじょう蟹味噌射込椀1

2.はまぐり椀2

3.はまぐりフカヒレ潮仕立椀3

4.あいなめ葛打椀4

1.ずわい蟹しんじょう蟹味噌射込椀 / 2.はまぐり椀 / 3.はまぐりフカヒレ潮仕立椀 / 4.あいなめ葛打椀

四、吟味特撰

その年その月、限定の一品 素材の滋味を活かしたご馳走を

  • 十月の吟味特撰
  • 十一の吟味特撰
  • 十二月の吟味特撰
  • 十月の吟味特撰

    国産松茸炭火焼き

    国産松茸炭火焼き

    山々が赤黄に染まり、今年も松茸のシーズンがやってきました。

    良質の松茸を炭火で炙り、地酒に浸した和紙を被せ、蒸し焼きにすると、表面は香ばしく、割いた断面からは、薫り高い松茸の旨味エキスが溢れ出ます。和紙に焦げ目がついたら、もう一度地酒に浸して被せてください。仕上げのひと蒸しが旨さの決め手。
    一口お召し上がりいただけば、口いっぱいに松茸が広がります。これぞ口福の刻。年に一度の贅沢なひとときをお楽しみください。

    吟味特撰とは...

    御宿かわせみ最大の魅力は料理です。これまで以上に食材を吟味し、厳選し、旬の旨さはもちろん、安全、安心な極上素材を全国各地、世界中から取寄せ、食材の滋味を活かした献立を開発し御案内申し上げます。
    その年その月限定の吟味特撰は、他では味わえない御宿かわせみならではの一皿でございます。料理人がお客様への感謝を込めて生み出した渾身の献立をご堪能くださいませ。きっとご満足いただけることと存じます。

    10月替わり吟味特撰
    黒あわびとフォアグラ 茸スープ炊き

    黒あわびとフォアグラ 茸スープ炊き

    山海の贅沢を綿繍ならではの食し方で!

    十月のかわせみ流の一品 海老芋と仙台牛 トリュフふわり

    十月のかわせみ流の一品国産松茸土瓶蒸し

  • 十一月の吟味特撰

    檸檬れもん香る
     伊勢海老の瞬揚げ
      レモンクリームかけ

    檸檬香る<br> 伊勢海老の瞬揚げ レモンクリームかけ

    伊勢海老を最高に美味しく!

    旬の伊勢海老を瞬揚げにして表面にだけ揚色をつけます。
    すると表面からじんわり熱が伝わり、ふっくらミディアムレアに仕上がります。
    器に盛り付けたら、このために作り上げた特製レモンクリームを纏わせます。国産レモンを使って、魚介出汁の旨味とレモンの香りを活かしたスペシャルソースに仕上げました。伊勢海老の贅沢な味わいを邪魔せず、最高の相性で引き立たせます。
    最後にキャビアを添えて、塩気のアクセントを加えて、かわせみ流伊勢海老料理の完成です。

    吟味特撰とは...

    御宿かわせみ最大の魅力は料理です。これまで以上に食材を吟味し、厳選し、旬の旨さはもちろん、安全、安心な極上素材を全国各地、世界中から取寄せ、食材の滋味を活かした献立を開発し御案内申し上げます。
    その年その月限定の吟味特撰は、他では味わえない御宿かわせみならではの一皿でございます。料理人がお客様への感謝を込めて生み出した渾身の献立をご堪能くださいませ。きっとご満足いただけることと存じます。

    仙台牛 蕎麦のスープ仕立て

    十一月の
    かわせみ流の一品
    仙台牛
    蕎麦のスープ仕立て

  • 十二月の吟味特撰

    ノドグロとずわい蟹
     極上冬幸の山葵わさび炊き

    檸檬香る<br> 伊勢海老の瞬揚げ レモンクリームかけ

    2019年の食べ収めはこれで決まり!

    旬のノドグロ!言わずと知れた美味食材です。炭火で焼いて、最高の美味さを閉じ込めます。
    一方、ずわい蟹は、香箱蟹も合わせて内子と外子の風味も活かします。
    それぞれに下拵えして、美味出汁を張った鮑鍋に盛り込んだら、上質な本山葵を丁寧に擂り下ろして、蕪と合わせ、ふんだんにのせます。
    炭火で温められていくと山葵が出汁に溶け、辛みが和らぎ、山葵香が引き立ちます。食材の旨味を山葵香が包み、爽やかで、とびきり美味しい師走の吟味特撰になります。

    吟味特撰とは...

    御宿かわせみ最大の魅力は料理です。これまで以上に食材を吟味し、厳選し、旬の旨さはもちろん、安全、安心な極上素材を全国各地、世界中から取寄せ、食材の滋味を活かした献立を開発し御案内申し上げます。
    その年その月限定の吟味特撰は、他では味わえない御宿かわせみならではの一皿でございます。料理人がお客様への感謝を込めて生み出した渾身の献立をご堪能くださいませ。きっとご満足いただけることと存じます。

    牡蠣とフォアグラのみたらし

    十二月の
    かわせみ流の一品
    牡蠣と
    フォアグラのみたらし

  • 牡丹海老と焼茄子の胡麻餡

    牡丹海老と焼茄子の胡麻餡

  • からすみ道明寺

    からすみ道明寺

  • 焼よもぎ荅冨

    焼よもぎ荅冨

  • 桜鯛茶漬

    桜鯛茶漬

  • すっぽん煮こごり

    すっぽん煮こごり

  • 天然鮎塩焼き

    会津丸茄子と岩手南牛の自家製黒大蒜とろみ

  • 天然すずき 翡翠酢かけ

    天然すずき 翡翠酢かけ

  • 天然鮎塩焼き

    天然鮎塩焼き

  • 寄せ毛蟹

    寄せ毛蟹

  • 菊の美味酢浸し

    菊の美味酢浸し

  • 甘鯛若狭焼き

    甘鯛若狭焼き

  • 虎ふぐ湯引き

    虎ふぐ湯引き

  • 仙台牛蕪蒸し

    仙台牛蕪蒸し

  • 天然鮎塩焼き

    天然鮎塩焼き

  • 焼穴子と金柑の紫咲和え

    焼穴子と金柑の紫咲和え

  • のどぐろ山椒焼の会津蕪擂り流し

    のどぐろ山椒焼の会津蕪擂り流し

鯛子と蕗の炊き合せ
早春の白扇揚げ
本わらび餅
桜鯛茶漬
胡麻荅冨
会津丸茄子と岩手南牛の自家製黒大蒜とろみ
天然すずき 翡翠酢かけ
天然鮎塩焼き
牡蠣とずわい蟹の陶釜
菊の美味酢浸し
寄せ毛蟹
焼き鯖飯蒸し
牡蠣茶碗蒸し
天然鮎塩焼き
のどぐろ蕪蒸し
いちごケーキ

五、後段料理

献立全体の余韻と締めくくり

吟味特撰に続く料理は、献立全体の余韻を味わっていただくよう構成しています。
進肴、酢物、締めくくりの食事とデザートへ、ゆっくりと夕餉のひとときとは続いて行きます。
心地よい満腹感とともに、思い思いの旅の夜をお楽しみください

朝 食

「元気になる料理」その締めくくり

御宿かわせみ流日本料理は「元気になる料理」その本当の意味での締めくくりは朝食です。
朝の活力は美味しい朝食から と言われるように、元気になれるそしてどこか懐かしい味。
そんな朝食の一品一品を召し上がって頂き、心から体から元気になってくださいませ。

朝 食